あなたは【醜形恐怖症】の可能性があります。

自身の容姿に関するコンプレックスにとらわれ、医学的治療や検査をもとめ、日常生活に支障をきたす疾患です。欧米では女性2.5%、男性2.2%の有病率とされます。強迫性障害に類似の病態だろうと考えられています。
虐待やネグレクト、遺伝などが発症リスクとなり、平均発症年齢は16-17歳頃です。
人間的に価値がないと考え、自殺率も20%と高いことから、治療介入が望まれます。
かつては美容整形外科手術をしても満足しないのが醜形恐怖症だと言われていた時代もありましたが、術後にこだわりが改善する例もあるため、美容外科医とも相談することも検討されます。