あなたは【解離性同一性障害】の疑いがあります。

特徴

 解離性同一性障害は、強いストレスがかかった時、自分ではうけとめきれないストレスを他の手段で解決しようとする解離症の中の1つです。
 主人格と交代人格が別々に思考し、知覚し、行動するもので、その人格は明確に区別されます。

対処

 不安や幻覚が著しい場合は薬物療法を行う事もありますが、治療の主体は本人が安心できる場所を確保し、交代人格と主人格を交流させていく事が大切です。改善は専門的な治療なしには困難であり、精神科受診をお勧め致します。