あなたは【病気不安症】の疑いがあります。

特徴

 重篤な病気なのではないかというとらわれや、健康に対する強い不安のため、それに対処するための行動(頻回な医療機関の受診など)により生活に支障をきたす場合に診断されます。

経過など

 一般的に20歳から30歳代の発症が多く、50歳以降の発症はまれとされています。内省的な性格や、こだわりの強さ、被虐待歴や重病の罹患歴がリスクファクターとなります。再発を繰り返す慢性疾患とされますが、約半数は一過性の経過をたどります。うつ病や全般性不安症を合併する事も多いです。
 治療は抗うつ薬と認知行動療法が標準的治療となります。