あなたは【特定不能の神経認知障害】の可能性があります。

客観的な認知機能低下の証拠があるにもかかわらず、典型的な疾患の診断基準に合致しなかった場合に診断されます。除外診断であるため、疾患概念も明確ではなく、疾患の病態は明らかではありません。
 今後、症状が進行して典型的な認知症の特徴があらわれたり、あるいは他の神経変性疾患や医学的疾患に伴う認知症の症状が明らかになる可能性もあります。早急に対応すれば認知機能低下の進行を抑制できる可能性がありますので、精神科や脳神経内科に相談されることをおすすめします。また、生活習慣を見直すことで予防に寄与できる事もありますので、こころの処方箋も合わせてご覧ください。


こころの処方箋はこちら

 

かんたん診断にもどる