あなたは【恐怖症性不安障害ないし身体表現性障害】の疑いがあります。

診断のやりなおしをご検討ください。

 恐怖の対象が特定の対象や状況、あるいはご自身の体の健康に関するものであり、そのために日常生活に支障をきたしている場合、上記の診断が考えられます。より詳細に疾患を判別するため、かんたん診断に戻り「不安・恐怖」を選択し、再度診断をやりなおすことをおすすめいたします。