あなたは【不眠に関連する医学的疾患】の可能性が否定できません。

 内科的疾患の合併症として、不眠をきたしている可能性があります。内科的疾患による不眠の有病率は一般人口の0.5%であり、肺気腫や喘息、心不全など、呼吸や循環に異常をきたす病気や、神経変性疾患に多くみられます。
不眠の原因になる疾患の治療が優先ですが、対症療法的に薬物療法が考慮される
場合があります。現在通院している主治医の先生に症状を説明し、対応してもらうとよいでしょう。こころの処方箋で、睡眠障害に対する自己対処法を学ぶことも役立つでしょう。