こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

あなたは【アルツハイマー病による認知症】の疑いがあります。

特徴

 アルツハイマー病型認知症は、記憶障害と実行機能障害(道具や器具などが使えなくなる)、精神・行動障害(うつや不安、被害妄想)など多彩な症状を呈することを特徴とする、認知症の中で最も頻度が多い疾患です。人格は比較的保たれることも特徴と言えます。

原因

 脳に蓄積する特定の蛋白質の異常な反応により、神経細胞の性質が変化してしまう事が原因と考えられています。頭部外傷や貧血、糖尿病や高血圧、脂質異常症や喫煙、睡眠障害は発症のリスクになるため、内科的疾患の管理や、良好な睡眠を保つことが推奨されています。

経過など

 ゆるやかに進行し、経過の中で肺炎や腎盂腎炎などの合併症で命を落とす事が多く、概ね発症から死亡まで平均10年程度といわれています。合併症なく経過する場合は、個人差もありますが、20年以上生存できることもあります。最終的には無言・無動状態となり、寝たきりになります。
 現時点では完全に治癒することは難しく、お薬を使って進行をゆるやかにする事が標準的治療になります。経過を遅らせるためにできる自己対処法については、こころの処方箋をご覧下さい。