こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

緑茶などに含まれるL−テアニンは、不安や不眠に効く?(推奨度:★★☆☆☆)

みなさん、お大事にされていますか?

薬のソムリエです。

今回は、緑茶が不安や不眠に効果のあることを示唆した研究を紹介します。

緑茶の主要なアミノ酸であるL−テアニンは、大きな抗ストレス効果があるとされています。

 

本研究では、L-テアニンの睡眠に対する影響を調べました。

緑茶に含まれるカフェインは、興奮や覚醒作用があるため、カフェインレスの緑茶を使用し介入を行いました。

対象となる被験者は、平均年齢51.3±6.7歳で、

7日間にわたって300mlのカフェインレスの緑茶を摂取した群、

普通の緑茶を摂取した群に分けました。

お茶を摂取させた後、ストレスマーカー(唾液α-アミラーゼ活性)を調べると、

カフェインレスの緑茶を摂取した参加者の方が有意に低かったとの結果が示されました。

(カフェインレス緑茶では64.7 U / mL、普通の緑茶では73.9 U / mL)

また、多くの量のカフェインレスの緑茶を摂取した参加者の睡眠の質はより高く、

疲労感の自己評価も優意に低かったとの結果でした。

 

本研究論文の著者らは、

「カフェインレスの緑茶が、被験者のストレスを軽減し、

睡眠の質を改善させる可能性を示した」

と述べています。

 

薬のソムリエ
お茶を飲んで、ほっとして落ち着いた経験って、誰でもありますよね。
だから、誰もそれほど驚く結果ではないと思いますが、あれ、エビンデンスがあるんですね。
緑茶中のテアニンは、ほっとする効果だけでなく、睡眠を深めたり、
わずかながら抗うつ効果があるというエビデンスも蓄積しつつあります。
市販のテアニンのサプリメントや、カフェインレスの緑茶を睡眠前に飲む習慣をつけるのも、良い睡眠を保つコツです。

【引用・参考文献】
・Williams Jackson,et al. The Effects of Green Tea Amino Acid L-Theanine Consumption on the Ability to Manage Stress and Anxiety Levels: a Systematic Review.
・Unno Keiko, et al. Reduced Stress and Improved Sleep Quality Caused by Green Tea Are Associated with a Reduced Caffeine Content. Nutrients,2017Jul.19 Vol. 9 issue(7)

 

更新:2020.4.26

標準治療

目次 1 睡眠衛生指導2 薬物療法3 精神療法4 生理学的治療 睡眠衛生指導 ・良質な睡眠をとるための生活習慣を整えることは、全例で推奨される。詳細は下記を参照 […]

野菜の低摂取と不眠

皆さん、お大事にされていますか? 薬のソムリエです。 今回は、食事で睡眠障害のコントロールができることを示唆した研究を紹介します。   これまでも、不 […]

  薬のソムリエ みなさんお大事にされてますか?薬のソムリエです。 今日は、皆さん大好きな炭水化物と甘いものが、不眠症のリスクであるとする旨の研究をご […]