こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

双極性障害の標準的治療とは?(推奨度:★★★★★)

薬物療法

・認容性が保たれるならば、炭酸リチウムやバルプロ酸などの気分安定薬を単剤から開始する。躁状態、うつ状態がコントロールできなければ、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾールなどの抗精神病薬の併用を検討する。
・妊娠可能女性であれば、ラモトリギンや抗精神病薬を第一選択とする。単剤でコントロールできない場合は、妊娠、出産に関するデメリットを説明した上で、他の気分安定薬を併用する。
・1年に4回以上の気分エピソードがある場合は、バルプロ酸を第一選択とする。
・リチウムの副作用としては振え、甲状腺機能低下、嘔吐・下痢、腎機能障害などが、バルプロ酸の副作用としては肝機能障害、膵炎、血小板減少、高アンモニア血症などが、ラモトリギンは皮膚障害、複視、頭痛、白血球減少などが挙げられる。

生理学的治療

・治療抵抗性のうつ状態、速やかな治療効果を必要とする場合には、電気痙攣療法(ECT)を考慮する。
・数々の研究で、双極性障害のうつ状態に対しては有効性が示唆されているが、現時点では保険適応外である。

心理教育

・規則正しい生活を心がけ、自分で不調の兆候に気がつけるように、生活リズム表をつけることを検討する。
・うつ状態の時は判断力が鈍るため、重要な決断を避けるようにする。
・うつ病学会による患者用のパンフレットが役立つ。

認知行動療法

・うつ状態のコントロールに、認知行動療法の有用性が指摘されている。

自宅でできる効果的な対処法

・高照度光療法や経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)、インターネット支援型認知行動療法は精神科受診せずに可能であり、うつ状態に限り有効とのエビデンスがある。詳細はこちら。

その他

・双極性障害のうつ状態では、うつ病における自己対処法が有効である(こころの処方箋参照)。また、双極性障害の二次的な症状として不安、睡眠の異常をしばしば併発するが、その場合は、不安障害や睡眠障害に順じた標準治療を対症療法的に行う。その場合、こころの処方箋のような自己対処法も有効性が期待できる(不安障害睡眠障害のこころの処方箋参照)。

【引用・参考文献】
・樋口輝彦(編) 今日の精神疾患治療指針第二版 医学書院  2016
・加藤忠史ら 日本うつ病学会治療ガイドライン「双極性障害」 日本うつ病学会 2017

更新:2020.4.9

関連記事

高照度光療法 季節性うつ病、睡眠障害に対してエビデンスがあり、臨床の現場で活用されています。セロトニンやメラトニンなどの脳内物質の分泌を助けることで、効果を発揮すると考えられています。他にも、非季節性のうつ病、神経性過食症、月経[…]

標準治療

目次 1 薬物療法2 生理学的治療3 心理教育4 認知行動療法5 自宅でできる効果的な対処法6 その他 薬物療法 ・認容性が保たれるならば、炭酸リチウムやバルプ […]

薬物治療に頼らない

皆さん、お大事にされていますか? 薬のソムリエです。 今回は、薬物療法に頼らない双極性障害の治療の可能性を示した研究について紹介します。 今回紹介する研究では、 […]

皆さんお大事にされていますか? 薬のソムリエです。 本日は、ブルーライトカット眼鏡が、 双極性障害(躁うつ病)の睡眠リズムを整える可能性がある、 という主旨の論 […]