こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

ダークチョコは認知機能を向上させる?(推奨度:★★☆☆☆)

皆さん、お大事にされていますか?

薬のソムリエです。

今回は、ダークチョコが認知機能(判断力など)を向上させる効果があることを示唆した研究を紹介します。

思わずダイエットを忘れてしまいそうな、なんとも魅力的な話ですね。

 

今回紹介する研究では、20歳から31歳の学生18人を対象に、

ダークチョコレートを1日24g摂取する群とホワイトチョコレートを1日24.5g摂取する群に分け、

30日間連日摂取させたものです。

そのうえで、認知機能を、文字を瞬時に読み取ったり、色を即座に識別するというテストで測定し、

チョコレートによる介入前後でそれぞれ評価しました。

なお、その間カフェインの摂取を一定までに制限し、決められた量以外のチョコレート摂取を禁止しました。

その結果、ダークチョコレート摂取群では、統計的有意差をもってテストの正答数が増加しており、

しかもその結果は介入終了から3週間後も維持されていました。

また、カカオの成分であるテオブロミンの血中濃度を、

チョコレート摂取開始前、30日後、そしてその3週間後にも測定したところ、

介入終了から3週間後はテオブロミンの血中濃度が通常レベルに戻っていました。

 

この研究論文の筆者らは、

「ダークチョコレート摂取によって血中の神経成長因子(NGF)とテオブロミンが上昇し、

認知機能の向上が認められたと考えられるが、なぜ3週間も認知機能が高い状態が続いたのかに関しては、

まだ不明であるので今後の検討が必要」と述べています。

 

薬のソムリエ
チョコレートで認知機能が高まるなんて、夢のある話ですね。
カカオ成分が有効なのでしょうか。
3週間後も効果が維持されているところがミソで、
どれくらい効果が維持されるのか、さらなる研究が待たれます。
まだ小規模な研究なので、大規模な研究でどうなるのかということと、
被験者が認知症患者でないので認知症への効果はどうか、
というところが気になってます。
私もチョコレートは大の好物なのですが、
焦ってチョコレートを食べ過ぎるにはまだ早いかもしれないです。
あとこれは関係ないですが、ダークチョコレートは視力やコントラスト感度
を改善するという研究もあります。神経への保護作用があるのでしょうか。

【引用・参考文献】
・Sumiyoshi E, et al. Sub-Chronic Consumption of Dark Chocolate Enhances Cognitive Function and Releases Nerve Growth Factors: A Parallel-Group Randomized Trial.Nutrients. 2019; 11

更新:2020.4.6

 

標準治療

目次 1 薬物療法2 手術療法3 心理教育4 心理・社会的治療 薬物療法 ・アルツハイマー病型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症では、認知機能の維持効果を […]

オメガ3脂肪酸のイメージ

皆さん、お元気にしていますか? 薬のソムリエです。 今回は、オメガ3脂肪酸が、脳萎縮を遅らせることを示唆した研究を紹介します。 なお、オメガ3脂肪酸のうちEPA […]

カマンベールチーズ

皆さん、お大事にされていますか? 薬のソムリエです。 今回は、カマンベールチーズが認知症予防に有効であることを示唆した研究を紹介します。 本当なら、なんともおい […]