こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

カマンベールチーズは認知症予防に有効?(推奨度:★★★☆☆)

皆さん、お大事にされていますか?

薬のソムリエです。

今回は、カマンベールチーズが認知症予防に有効であることを示唆した研究を紹介します。

本当なら、なんともおいしい話ですね。

 

さて、チーズなどの発行乳製品の摂取により、認知機能低下が予防され得ることは、

疫学的にも既に報告されていましたが、その詳細なメカニズムや有効成分はわかっていませんでした。

 

ホエイやカマンベールチーズに多く含まれるWYジペプチドは、

脳内清掃細胞であるミクログリアの活動を抑制し、

空間記憶やエピソード記憶などを改善する効果がある事が判明しました。

また、アルツハイマー病のモデルマウスに発症前からWYペプチドを投与すると、

アルツハイマー病の原因の1つと考えられてきたアミロイドβ蛋白が除去され、

さらに炎症状態も抑制され、かつ認知機能低下も抑制されることが示されました。

 

薬のソムリエ
実際にアミロイドβ蛋白の蓄積を予防できる可能性があるということで、
アルツハイマー病の予防策になり得る、夢のある研究だと思います。
現状はマウスでの効果ということですが、ヒトでの効果、
さらには適切な摂取量の確立が待ち遠しいです。
とりあえずカマンベールチーズは私のおつまみと化しました。

【引用・参考文献】
・Yasuhisa Ano,et al.Novel lacto-peptides in fermented dairy products improve memory function and cognitive decline.Neurobiology of Aging 2018.07.16
・Yasuhisa Ano,et al.Preventive effects of a fermented dairy product against Alzheimer’s disease and identification of a novel oleamide with enhanced microglial phagocytosis and anti-inflammatory activity.PLoS One. 2015 Mar 11;10(3)
・Yasuhisa Ano,et al.Identification of a novel dehydroergosterol enhancing microglial anti-inflammatory activity in a dairy product fermented with Penicillium candidum.PLoS One. 2015 Mar 11;10(3)

更新:2020.4.6

 

標準治療

目次 1 薬物療法2 手術療法3 心理教育4 心理・社会的治療 薬物療法 ・アルツハイマー病型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症では、認知機能の維持効果を […]

カマンベールチーズ

皆さん、お大事にされていますか? 薬のソムリエです。 今回は、カマンベールチーズが認知症予防に有効であることを示唆した研究を紹介します。 本当なら、なんともおい […]

オメガ3脂肪酸のイメージ

皆さん、お元気にしていますか? 薬のソムリエです。 今回は、オメガ3脂肪酸が、脳萎縮を遅らせることを示唆した研究を紹介します。 なお、オメガ3脂肪酸のうちEPA […]