こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

あなたは【過食性障害】の疑いがあります。

特徴

 過食があり、それに対する後悔はあっても、神経性過食症のように不適切な排出行動が見られず、体型にそれほど関心がない事が特徴的な摂食障害であり、食欲中枢の異常をきたす脳腫瘍や糖尿病、甲状腺機能亢進症やインスリン産生腫瘍などの内科的疾患、または薬剤による影響で説明できない場合に診断されます。肥満体型に多く、遺伝、ストレス負荷が発症に関係していると考えられています。双極性障害群、大うつ病性障害群、不安症群や物質使用障害群を合併する事も多く、過食はストレスを和らげるための行動だろうと考えられています。

経過など

 米国での有病率は女性で多く1.6%、男性で0.8%とされ、典型的には青年期や成人期早期に発症しますが、成人期後期発症もあります。寛解率は神経性過食症よりは高いです。標準治療としては認知行動療法や薬物療法、対人関係療法などが行われます。同様の障害をもつ人による自助グループが役に立つ事もあります。自宅でできる対処法を、こころの処方箋に記載しておりますので、それらが役立つ可能性もあります。