こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

あなたは【月経前不快気分障害】の疑いがあります。

特徴

 月経前の数日から2週間にわたり、うつ病患者に似た重い気分症状が出現し、日常生活に支障をきたすものを言います。ただし、症状は月経開始とともに速やかに消失し、月経後の1週間は、ほぼ完全に症状が消失していることが特徴的です。
 うつ症状は、典型的なうつ病と違い、過眠や過食などの非定型の特徴を伴うものが多いですが、経過中にうつ病を併発するリスクも高いです。

原因と対処

 性ホルモンであるプロゲステロンやその代謝産物が、セロトニン神経の働きを抑制する為に、うつと類似の症状が起こるのだとされています。生殖可能年齢の女性の3−8%に認められ、何らかのストレスをきっかけとして概ね20歳代で発症する事が多いです。遺伝率は30-80%と推計されています。
 未治療の場合、妊娠中や授乳中を除き、通常は閉経するまで症状が繰り返される事が多いです。薬物療法が効果的ですので、精神科受診が推奨されます。また、病態がうつ病と似ているため、うつ病に対するこころの処方箋が役立つでしょう。