こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

あなたは【急性ストレス障害】の疑いがあります。

特徴

 自然災害、事故、火災、暴行、強姦、または、自分や愛する人の死を意識するできごと、尊厳を著しく侵害するできごとなどの破局的なストレスの後、再体験(自分の意思に関係なく破局的なできごとを思い出す)、陰性気分変化(気分が沈んで幸福や満足、愛情を感じることができない状態)、解離症状(ぼーっとして自分が自分を見下ろしているような感覚)、回避症状(破局的なできごとを思い出すような場所、人、物、状況などを避けたりする)、過覚醒症状(眠れない、イライラ)などの症状が出現するものの、症状が1ヶ月以上持続していない段階で診断されます。
 元々の性格や音過敏、女性や精神疾患の罹患中が発症のリスクを高めます。

経過など

 症状が出現してから時間経過に伴って自然によくなることもありますが、生活のストレスやさらなる心的外傷的出来事によって悪化する事もあります。
 この時点では積極的な薬物療法や認知行動療法の対象になりませんが、症状が1ヶ月以上持続した場合、PTSDに診断が変更され治療対象になります。