こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

精神科医が勧める睡眠薬、抗不安薬の減薬法。

 

独断での減薬はお勧めできない

独断での減薬がお勧めできない理由

理由1:離脱症状のリスクが上がる

患者さんから寄せられる相談の中で、

薬を減らしたい、というご要望は多いです。

例え効いた薬であっても、それをずっと続けたくないのが人情ですよね。よくわかります。

主治医に相談していただいた上で、減薬にチャレンジするのはいいことだと思いますが、

中には、主治医相談なく、自己判断で減薬を試す患者さんがいらっしゃいます。

これは精神科医の目線から言わせてもらうと、

正直お勧めできません。

その理由の1つは、ベストな減薬プランが立てられず、離脱症状のリスクが上がってしまう、ということです。

離脱症状がでた場合、

それまでどの薬を、それくらいの量、どれくらいの期間を空けて減薬したのか、いつ頃から離脱症状が出現したのかを把握していないと、離脱症状への適切な対処は困難を極めます。

そもそも、勝手な減薬の場合、減薬ができる精神状態かを正しく判定できていない可能性もあります。

また、本来なら、それまでどのような薬を使っていたのか、減薬した時の症状の変化など、

それまでの経過を知っている主治医が、その方にあったベストな減薬法を提案できますが…。

自己判断で減薬をするならそれが不可能となります。

患者さんによっては自力で詳しく調べており、かなり減薬に詳しい事もありますが、

上記の理由から考えると、やはり減薬の成功率を最も上げるには主治医に相談するのがベスト、

という事になるでしょう。

しかし、最も大きい理由は別にあります。

以前の記事にもありますが、最も大きな理由は、

症状が悪化した時に責任が取れないからです。

前回の記事( https://u-t-u.net/column3 ‎にも記載していますが、

なんだかんだ、薬による薬害が起きたとき、主治医の指示を守っている以上は

その責任は、主治医や国にあります。

しかしご自身で薬を中断した場合、万が一があっても誰も責任をとってくれません…。

理由2:睡眠導入薬や抗不安薬の多くは、依存性がある

依存性のイメージ

睡眠導入薬や抗不安薬の多くは、ベンゾジアゼピン系と言われる薬剤です。

ベンゾジアゼピン系薬剤は、抗不安作用、鎮静作用、抗痙攣作用、筋弛緩作用と依存性を持ちあわせています。

この依存性が減薬を困難にさせている原因です。

依存性は、服用から早ければ1ヶ月でリスクが生じる可能性があるといわれています。

急性期の離脱症状としては、不安、イライラに続いて手の震え、頭痛、発汗などが代表的です。

それらは遅くて4週間程度で消失する事が多いですが、

まれに症状が持続する事があり、物忘れや、幻覚や妄想、気分が沈んだり、不安、性機能障害、睡眠障害などに発展し、年単位で持続する事があります。

 

これを避けるために減薬法があるのですが、

あくまで主治医の先生に相談した上で減薬するのがベストです。

それが色々な理由でできない方に限り、以下を読んで下さいね。

減薬法

ジアゼパム換算表を使った減薬法と1/8減薬法

まず1つ目は、ジアゼパム換算表を使った減薬法を紹介します。
以下の表をご覧下さい。

ジアゼパム換算表

うわぁ・・・

もういい。もう無理。

と思った方!安心してください!これからお話しますから!

 

そもそも、ジアゼパム換算っていうのは、色々な薬に共通の単位を与えて、

その価値を分かりやすくしよう!みたいなものなんです。

 

たとえば、世界各国には円、ドル、元、ポンドなど、色々な通貨がありますね。

それを、一つの共通貨幣・・・例えば仮想通貨のビットコインみたいなもので価値を計量したものだと考えてください。

ジアゼパムっていうのはビットコインみたいなものです。

例えば、処方されているのがゾルピデム(マイスリー)10mgとアルプラゾラム(ソラナックス)0.4mgだとすれば、

ゾルピデムは10mgでジアゼパム5mgと同価、アルプラゾラムは0.4mgでジアゼパム5mgと同価ですから、

ジアゼパム換算でゾルピデムが5mg、アルプラゾラムが2.5mgとなり、ジアゼパム計7.5mgとなります。

さあ、次はジアゼパム換算を使って減量していくステップです。

具体的には、

①50mgまでなら10mg/week、

②30mgまでなら5mg/week

③20mgまでなら2mg/week

④20mg以下は1mg/week

という風に次第に減薬していきます。

服用量が多いほど減薬しやすいのですが、少なくなるにつれ、離脱症状の出現リスクが高まりますので、

このように量が減るほどに減薬が難しくなるのです。

先ほど例であればジアゼパム計7.5mgなので、

いきなり④から開始ですね。

ゾルピデムから減らすなら、ジアゼパム1mgは、ゾルピデム2mgということだから、

ゾルピデムを5分割して、2mgごとに毎週減薬していくことになります。

 

そう。

騙されましたね。

この方法は、割と難しいです。

 

・・・安全性をファーストに考えていますからね。

 

でもご安心下さい。

1/8減薬法は、超簡単です。

 

錠剤を1/8ずつ、

なくなるまで2週間毎に減量していくだけです。

 

例えば先ほどの例なら、ゾルピデムを10mg/8mg=1.25mgずつ、2週間毎に減らしていくだけです。

そんな小さく割れないよ!という方は、1/4ずつ減薬していき、副作用が疑わしければ減薬のスピードを落とす方法もあります。

これならさらに簡単ですね。

もちろん、離脱症状がバッチリでているのに、無理に減薬しないで下さいね。

 

あくまで、主治医に相談できないときの、苦肉の策だということを

改めてお伝えしておきます。ご利用は自己責任で!

↓よければ1Clickで応援お願い致します!更新のモチベーションになります 

人気ブログランキング

更新:2020.4.2

目次 1 認知行動療法【行動活性化(BA)】の概要1.1 基本的な考え方1.2 行動を変えて感情や思考、身体反応に対応することを重視2 認知行動療法【行動活性化 […]

  目次 1 新型コロナウイルスが精神医療に与えた影響1.1 影響は大きい1.2 精神医療にどんな影響を与えたのか2 適応的な不安のススメ 新型コロナ […]

皆さん、お大事にされていますか? どうも、薬のソムリエです。 今日は、Twitterで思いのほか反応がよかったので “自分で認知行動療法”シリーズ第二段!やらせ […]

目次 1 認知行動療法(CBT)の4要素1.1 感情・思考・行動・身体反応の4要素1.2 会社員:Aさんの場合2 認知行動療法(CBT)は、思考や行動を変える治 […]

みなさんお大事にされていますか? どうも。薬のソムリエです。   今回は、前回ご紹介したイメージ技法の応用編です。 イメージとは、自然と脳裏に浮かんで […]