こころのネット外来「HOSPORTAL」は、病状を評価し、正しい行動につなげていただく事を目的とした受診勧奨サイトです。

いい精神科主治医の見分け方。

精神科医主治医の役割

それぞれの役割がある

精神科医

みなさん、精神科医主治医の役割って、何だと思います?

 

薬の処方。正解です。

環境調整。正解です。

精神療法。正解です。

 

ただこれって、どうしても精神科主治医じゃないとできないことでしょうか。

薬の処方は別に精神科医でなくてもできるし、

環境調整は市役所が相談にのってくれるし、

精神療法なら心理士はおろか、

仲の良い友達もその役割を担ってくれるでしょう。

その人の精神状態を良くするには、何も主治医じゃなくてもできるんです。

責任のイメージ

人生に責任を持つこと

では精神科主治医の役割とは、何か?

私は、精神科主治医の役割というのは、

その「患者さんの人生の一部に責任をもつ」ことだと考えています。

そして責任を持つという事は、患者さんにいつかは「精神科にかかってよかった」と思ってもらえるまで、諦めない事だと思っています。

それを達成するには、非常に長い時間がかかります。

 

まず、薬物療法に関して。

向精神薬は、効くかどうかわかりません(適切な診断であっても)。

なので、どんな薬がどれくらい効いたか、データを蓄積させる事によって、

その人に合う薬を選択できる確率が上がります。

 

環境調整をとっても、

その人の仕事、生活環境、家族関係などを把握していないと、

最適な環境調整はできません。

 

精神療法をするのにも、その人がどのように生育してきて、

どのような価値観をもっているのか、なぜ辛い思いをしているのか、

正確に把握する必要があります。

同じアドバイスでも、

初対面の人に言われるのと、

それまで何年も付き合ってきた人に言われたのでは、

重みが違うというものでしょう。

 

いい精神科主治医の選び方

これらを踏まえると。

ストレスなく話せて、長く関係性を築けるDrが、

最もいい精神科主治医だと言えるんじゃないでしょうか。

たとえ医学的なエビデンスをよく知っていたとしても、

気難しくてあまり会話が難しいと、

症状を説明できず、間違った診断に行き着くリスクがあがったり、

疑問が生じても聞けなかったり、

症状が悪化しても言い出しにくくなります。

最初に色々な精神科を受診してみて、

ずっと診察に来たいと思えるDrをみつけられるとよいですね。

 

あ。ちなみに私は、Drを名乗っていますが。

ネットだと言いたい放題なので、完全に信用しないほうがいいですね。

医師を騙った、バニーガール👯かもしれませんよっ?!!

いや、むしろバニーボーイか。

 

まあどうでもいいか。そんな事。

 

さて、話を戻すと…。

万一、医師免許をこのページで晒したとしても、厳密な意味では医者ではないんです。

何故なら、何の責任ももつ事ができないから。

ネット上のやりとりは、診察でも治療でもないんですよ、法的には。

ですからこのサイトも鵜呑みにせず、主治医の先生にも確認して下さいね。

この世界、エビデンスどおりの治療をしているかどうかより、

患者さんの人生に責任をとってくれるか否かの方が、重要なのですから。

↓よければ1Clickで応援お願い致します!更新のモチベーションになります 

人気ブログランキング

更新:2020.3.29

目次 1 精神科医主治医の役割1.1 それぞれの役割がある1.2 人生に責任を持つこと2 いい精神科主治医の選び方 精神科医主治医の役割 それぞれの役割がある […]

目次 1 うつ病の診断法1.1 うつ病の診断は、職人芸ではない1.2 精神科医の診断法の歴史1.3 診断は、従来診断と操作的診断の組み合わせ2 正しい診断に意味 […]

  みなさん、お大事にされていますか? どうも。薬のソムリエです。 今日は、そもそも精神科を受診した事がない方向けの記事を。 そもそも精神科ってどんな […]

目次 1 精神科に行くべき、受診すべきタイミング(パターン別)1.1 薬に頼らざるを得ないときは、精神科を受診すべし1.2 精神病圏であれば、即、精神科受診する […]

目次 1 児童精神科は、子どもの精神疾患を診るスペシャリスト2 児童精神科医の専門性2.1 児童精神科医は、関係性のプロである2.2 児童精神科医は、子どもに使 […]